少し前に「THEフィッシング」のお取込み釣りを紹介しました。

サビキにベイトが付いて、その後に大物が食いつく衝撃の水中映像から番組スタート。1mのヒラマサからヒラメ、マハタにクエが連発で大興奮でしたよ。

前回の記事はこちら⇒
85cmのヒラマサに83cmのヒラメ、ブリをトリプルヒット。50cmはあろうかというマハタも連発。超高級魚のクエも出てくれば、マハタ、ブリ、キダイ。最後の最後は100cmのヒラマサ。こんなのありですか?
www.gemini-blog.com


 そんな大興奮の落とし込み釣りですが、釣り百景でも放送しているのを思い出しました。

場所は奇しくも同じ玄界灘ですが、スポンサーが違うのでたまたまですね。

釣り百景でもヒラメ、ヒラマサ、ブリが乱舞しますが、ちょっと珍しいマトウダイ登場するので必見です。

 動画はもう少し下でどうぞ

玄界灘のイワシで落とし込み釣りスタート


 秋になると、玄界灘ではいわしの回遊がはじまります。

大型魚はそのイワシ(ベイト)を追ってくるので、泳がせ釣りもシーズンイン。

今回は俳優の山田純大と、沖縄アングラーで有名な高橋さんと登場。高橋さんは釣り番組によく出ていて、大物釣りが多いようです。

山田さんも釣りにハマったそうですが、以前食べたマトウダイが忘れられないということで、今回の釣行で釣る気満々。

matohdai
出典:広島お魚ツアー

 このマトウダイは「馬頭鯛」と書きますが、読んで字のごとくこんな顔立ちです。

口を開けると大きくて特徴的な馬面顔で、背びれもかなり長くユニークな魚です。

魚の分類もマトウダイ目マトウダイ科で、スーパーに並ぶよく見る魚たちとは一線を画します。

ちなみに、体の真ん中に
「的」の様な黒点があるから、「的」鯛というネーミングになったという説も。

私も南房の道の駅でたまたま見つけてお刺身を楽しみましたが、白身の魚で脂がのっていて、癖もなく、すごく美味しかったですよ。さばくのが少し大変でしたが。



 

ファーストヒットはブリから


 高橋さんから泳がせ釣りのレクチャーを少し受けてから釣行開始。大型魚狙いの仕掛けは針がイサキ用の11号ハリスは12~14号とでか針。まじかで見ると10号以上はぶっといでしょうね。

日の出前から出船しますが、2時間かけて漁場に着くころにはきれいな朝焼けに空が染まります。水深は100mちょっとで釣りスタート。

仕掛けを投入すると、すぐにベイトが付きます。そのままさらに落下させると直ぐにファーストヒットが来ます。

あいさつ代わりのヤズ(ブリの幼魚で西日本名)ですがこれでも結構なサイズですよ。竿がしなって、やり取りが楽しそうですが、まだまだこんなもんではありません。

213_sub
出典:釣り百景

次もぶりですが、今度はダブル。サイズもワラサクラスですから、専用タックルでなければ上げるだけでクタクタですよ、これ。やっぱり12号のハリスじゃないと、一瞬で糸切れですね。


これから高級魚のオンパレード


今度は高橋さんが40cm以上のクエをヒット。


213_sub2
出典:釣り百景

ここら辺からブリから魚種が変わってきて、次はヒラマサが登場

213_sub1
出典:釣り百景

それから、50cm以上のヒラメで、お待ちかねのマトウダイへバトンタッチ。

213_sub3
出典:釣り百景

マトウダイの入れ食いが続いてから、トリプルヒットまで飛び出します。

こんな幸せな釣行があるんですね・・・ 1日目の釣行終了。

2日目も相変わらずの絶好調でヒラマサが面白い様に入れ食いに。タモを使わずに引きに聞始める始末でゴボウ釣り状態。

ヒラメ、ヒラマサにマハタも登場。

最後は山田さんが待望のヒラメゲットで大満足の釣行終了。そりゃそうですよね。


落し込み釣りのタックル



 あれだけのサイズの魚を連発するんですから、しっかりしたタックルが必要ですよ。

巨大魚連発だから、下手すればロッドが折れるかもしれませんし、電動ルアーのトラブルでもあれば、手動で何度も上げられませんよ。


上段の「ライトゲームCI4+ モデラート TYPE73 HH225」は高橋さん、山田さんが使っていたロッドです。2.25mで、多さはたったの175g大物を手中にできるシリーズの中心的モデルです。

「舳 100-270」は2.7mと少し長めでその分、ヒラマサ、カンパチ、ブリなどの強烈な引きを余裕で受け止める上位モデル。今ならどちらも3万円台で購入できます。



リールはビーストマスターシリーズの2製品で、フラッグシップ・モデルです。

強烈なパワーの「ビーストマスター3000XP」か、高速巻上げで手返しに有利な「ビーストマスター3000XS」が選べます。


価格帯は両方ともに8万円ちょっとで、ロッドと合わせると10万円ちょっとになりそうですね。

このクラスの釣り物では、しっかりしたものを買わないと、結局は上位モデルを購入することになりますよ。最初からいいものを選んだ方が結局お得ですね。


 番組ホームページではこちら
海あり!川あり!秘境あり!「釣り」「自然」「人」との出会いを求めて、地球を巡る釣り紀行。BS-TBS 毎週木曜 夜10時放送。
www.bs-tbs.co.jp








ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村