前回に引き続き平砂浦海岸への釣行 

 
 前回の放送では、小さなメゴチをゲットしただけで終了しました。

ショアジギングって餌釣りとは違うので、魚の活性が高くないと釣果を上げることは厳しいんでそうね。

何度も何度もキャストして釣れない時は気持ちも辛いんでしょうけど、でも、一度大物をゲットしたら癖になりそう。

ターゲットはヒラメやブリ、シーバスにマゴチなど、全部高級魚。魚も大きいので、引きが十分に楽しめそうですね。

前回のおさらいはここから⇒
おとな釣り倶楽部「千葉県南房総市編」で堀田さんのショアゲーム(ジギング)を楽しみました。ちっちゃいメゴチをまずヒットさせました。大物は次回の放送をお楽しみに!?ですかね。SHIMANOのロッド:「ネッサ CI4+ S1002M」、 「コルトスナイパーBB S906M」、リール:「ヴァンキッシュ 4000HG」の値段や機能もご紹介。
www.gemini-blog.com

今回もオフィシャルな30分番組がすべて見れますよ。

 動画はもう少し下でどうぞ

朝まづめの下げ潮でスタート


 前回は夕まづめの釣行ですが、今回は朝まづめでかつ下げ潮と釣れそうです。場所は同じ平砂浦海岸。ショアジギングは潮が引くと沖を狙えるから釣果が上げやすいとのことで期待が高まります。

堀田さんからヒラメ釣りのポイント。
ヒラメは、流れがまとまって沖へ出て行くところを伝って来ます。小魚を岸際に追い詰めるようなイメージでヒラメにルアーを発見してもらうことが大切なんです

どんなところにベイトが集まって、ヒラメが捕食するかイメージできそうですね。

朝日が水面に反射し釣れそうな雰囲気満点。期待は高まるものの、魚の気配無く、釣り場を変更することに。

釣り場変更って、私は悩みますね。そのまま続けると釣れ始めるかもしれませんし、移動すると釣り場がいっぱいで入れないこともありますから。

でも、釣れないのを続けても、やっぱり釣れないってことも多い気がします・・・
 そもそも餌釣りでコマセ含めた大荷物を持ち歩くのが面倒なだけかもしれませんが。




南房総市のローズマリー公園下へ


 これまでは館山の西岸の平砂浦海岸でしたが、今度は東岸のローズマリー公園下へ移動です。西向き、南向き、東向きと、北向き、全ての向きに海岸があって、黒潮の暖流が沖を流れる館山、羨ましい!!!





気分一転キャスティングを繰り返すことしばし、荒井さんにヒット。

ロッドのしなりを見ると結構でかいです。格闘することしばし、引き上げられたのはナイスサイズのヒラメです。45cmぐらいあるように見えますし、お腹がぷっくり膨らんでいて肉厚。

初心者がショアジギングでヒラメを釣るって難しいですよ。ルアーをいかに生き餌に見せるかって簡単じゃないですから。

それにしても、堀田さんと違うのはロッドの使い方ですね。もっとロッドを立てて、ロッドの粘りとリールのドラグを使った方がばれにくそうですね。



ヒラメに続いてマゴチもゲット


 ここで堀田さんの追加のアドバイス。

波際から一歩下がったところで巻くと、もっと最後までルアーを引くことができる

堀田さんも何度か言ってましたが、想像する以上に、魚は波際まで寄ってきているそうです。

ベイトを沖から追ってきて、浅場の逃げ場所が無いところで捕食
するので、波打ち際でかかることも多いとか。奥が深いです。

さて、荒井さんがヒラメを釣ったらもう一人の女性アングラー、石原さんの出番です。

「すごいヒキ!」と格闘開始。釣りあげたのはマゴチ。マゴチにしてはちょっと小さめの30cmちょっとでしょうか。

でもビギナー二人がそれぞれ釣り上げるとは、出来過ぎてますね。

でも、堀田さんは釣果0ですからノンフィクションですかね・・・

最後は「渚の駅たてやま」を散策して、昼食です。新鮮な海鮮が美味しそうでした。

タックルを前日と同じ


 3人ともロッド・リールがかっこいいです。遠投用にロッドの長さは3mぐらいあるので、夕日を背にロッドを振る姿もかっこいい!!


上段の「ネッサ CI4+ S1002M」が堀田さん使用のロッドです。10フィートなので3mぐらい。SHIMANOのホームページで見ると、多さはたったの171g。27,000円ぐらいで、やっぱり軽さは値段に現れますね。

女性アングラーが使っていたのは下段の「コルトスナイパーBB S906M」で232g、15000円程度。入門編でシマノ製の安心感なら、この値段なら納得です。

でも、使えば使うほど、この61gの差が大きいんですよね。なんせ、これにルアーが付きますから。



次は堀田さん使用のリール「ヴァンキッシュ 4000HG」で重さ230g、軽い!!。4000番台ですよこれ。女性アングラーのロッドとほぼ同じ。4万円を超えますが、リールはそんなに壊れませんし、ジギングは投げて何ぼです。

安いものを買っても公開するんですよね。結局いいやつを後で買うんですから。安い道具何て結局二度と使わないし、高いやつは丈夫だし、丁寧に扱うから壊れませんからね。



Tweet 前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は千葉県館山市などのサーフからショアジギングに挑戦。その後、館山市にある「渚の駅たてやま」を訪れます。旅と釣りを楽しむのは、ヒラメハンターの堀田光哉さん、ナビゲーターの石原あつ美さんと荒井沙織
otona-fishing.com







ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村