昨年は黒潮の流れが例年と変わったのか、秋口に市原の海釣り公園でイナダが毎日数十本上がっていると釣果報告が上がっていました。

WS000062
出典:オリジナルメーカー海釣り公園(市原市海釣り施設)

湾奥の千葉港や浦安では連日、イナダ狙いの釣り人であふれていたようで、例年にない活況となりました。たくさん釣れてもなかなかどこで釣ったのかをネット上で公表する人は少ないと思いますが、海釣り公園は宣伝のためにも釣果を公表しています。海釣り公園の状況を定期的に確認づると、近くの状況が確認できて便利です。

 今回も、海釣り公園を確認していたところ、海釣り公園を一覧化するホームページが出来ていたのでご紹介です。

海釣り公園.comは全国を網羅


umizurikouen.chowari.jp


 なんでこれまでなかったのか、知らなかったのかわかりませんが、このサイトでは全国の海釣り公園を網羅しています。海釣り公園は釣り堀ではないため、つれるかつれないか本人の腕次第です。

 ただし、一般的な岸壁釣りとは違って、岸から少し沖に人口の足場が整備されていることが多く、深場を責めることができます。岸から数十m離れただけで、水深は軽く10m以上となるため、魚種も豊富でサイズも大きいのが狙えます。

 利用料金も釣り堀とは違うので子供連れでも大した出費にはなりません。

 ちなみに、こんな本もあるんですね。


子供との釣行なら、事前の調査に便利かもしれませんね。


 海釣り公園.comでは近くにどんな公園があるかすぐわかりますし、どんな魚が釣りているのかもリンクをたどっていくと簡単に確認できます。サイトを見ていると、すごく便利な機能がありました。

地域ごとの施設の釣果一覧をチェック


 全国の施設を網羅しているのは当然なんですが、関東と関西は施設ごとの釣果がまとめられて一覧形式で確認することが出来ます。百聞は一見に如かずということで、こんな感じ。

WS000063
出典:海釣り公園.com

 これは便利です。これまでは、それぞれの施設の中の釣果報告を毎回確認していましたが、ここにすべてまとめてあるので、どこでどのくらいの魚がどれぐらい釣れているのかすぐにわかります。また、「詳細ページへ」ボタンから写真や釣った人のコメントなどが確認できるのも便利です。

 たくさん釣れているのは、たまたま連れているんでは無くて、海水温や潮の状況が良いからなので、ここを見るとおおよそ周りの状況がわかります。


 関東を見ると、本牧、大黒、磯子の横浜川と千葉の市川が表示されているので、内房の状況はこれで結構わかります。⇒内房釣りであれば、千葉港や木更津、長浦あたりの様子が想像できます。

 大黒も本牧も海タナゴがたくさん釣れてますが、市原が3匹と寂しい限りです。

 湾奥は海水温が下がり切っていて、厳しそうですね・・・








ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村