esa


 夏場はアオキアミを中心に矢遠ウキでの餌釣り冬はアジ狙いのカゴサビキ釣りですが、コマセで魚を寄せるのは変わらず。

ルアー釣りは竿もまだ買っていないし、敷居が高そう。


まだかじるほどしかやっていませんし、釣れたことがありません。

 と言うことで、いつも釣りに持っていく消耗品を書いてみます。

毎回必ずこれだけのものは必要なので、これぐらいは出費するってことになります。

効果的なコマセを格安に!


  • 集魚剤 200円
  まずは、これがないと集魚と遠投ができない。

アミエビやオキアミにこれを混ぜることで扱いやすさが格段に上がります

有名メーカーでなくても一袋500円以上するので、結構響きますが、近くのホームセンターで200円で購入できます。

これは大きいです。

1日2袋使っても400円ですから、よく釣れる日で延長戦となった場合でも気兼ねなく使えます。

  • アミエビ 500円

  次はこれです。集魚力と言えばこれがとにかく一番です。

これ以上は絶対い無いと思いますが、やはり高いんです。

釣具屋には1kgで300円のブロックが売っていて安いんですが、取り扱いが面倒です。

ブロックと言う名の通り煉瓦ブロックの大きさですが、水分が多いので解凍にものすごく時間がかかります。

オキアミなら水につければすぐに溶けますが、アミエビは時間がかかります。

 後、釣り座に着いて風が強い、釣り座が空いてないなんてことがあっても、まさか持ち帰って再冷凍なんてしませんし。

このアミエビ、コマセ系はにおいが非常にきついので、家の中に持ち込むのはかなり勇気が要ります。

汚れたら掃除が大変です。

それに引き換え、この商品は値段が少し張るんですが、常温で保存可能なのと、水分が多いので集魚剤に混ぜやすいすぐれもの。

コマセを浮かせた分、これが高くてもってしょうがないかと思ってます。

  • 米ぬか 20円?
  集魚剤とアミエビで100点なんですが、そのまま使うとすぐにコマセが無くなります。

釣り座で集魚剤とコマセをふんだんにバッカンに混ぜて、バンバン使っている人を見ると、いいなーなんて思います。

米ぬかは近くの米屋さんで200円程度で米袋いっぱいにもらえます。

米ぬか自体も集魚力があるのと、水分をよく吸うのでコマセを作るときの水加減の調整の為使い勝手が非常に良いです。

後は軽いのも助かります・・・ 集魚剤、アミエビ、米ぬかの3点でいつもコマセを作っています。

元々はチヌのダンゴ釣りのためにこれに砂を加えてやってたんですが、コマセとしても水加減が違うだけで同じものです。

正直、集魚剤の違いで集魚力が大きく違うとは思えません。

アミエビの有無は結構違うようですが・・・ 時々アミエビ有無で試したりしてますが、せっかく言ったのにアミエビをケチって釣果が下がってもつまんないですよね。

 釣りの時間によって集魚剤とアミエビを半分づつ使ってバケツに2杯分作ることもありますが、釣果に影響はないようです。

釣り人が多い場所ならスレされられるのかもしれませんが、そもそも自然の魚にとって、集魚剤は高価すぎです。

餌釣りの時は柄杓で巻きますし、サビキの場合はかごに入れているので使います。

 冬場や若潮などは食いが極端に落ちることもありますが、そもそも釣れない時はどんなコマセを使ってもダメだと思います。


  • 押麦 800g 300円

 冬場は使っていませんが、押し麦は視覚効果が劇的に上がります

魚の気持ちはわかりませんが、押し麦を混ぜた時は、コマセが拡散する時に”ラメ”を入れたようにキラキラ水中が光ります

チヌやメジナ用のイメージかもしれませんが、回遊魚もキラキラ光るものに狂喜乱舞しているのがよくわかります。

 釣果がどれだけ違うかはわかりませんが、春夏向けのシマアジやショゴ狙いの時は、必ずいれます。

100gなりの少量でも効果があるように見えます。

海中のキラキラを見ればよくわかるはずです。

ちなみに、メジナをさばいた時はお腹の中が押し麦でパンパンです。


 後は釣りの仕掛けになりますが、毎回消耗するのはこんな感じです。

仕掛けも消耗品ですが釣れない道具はダメです


  • サビキ 50円

  これも近くのホームセンターで2枚100円の格安で売っています。


こちらもいろんな種類があるようですが、私には大きな違いを感じません・・・ 


船釣りだと違うんでしょうか?


ちなみに、アジが連なってかかる場合などは、アジが逃げるために泳ぎ回るため結構な頻度で仕掛けが絡みます。


夜中、寒い日、風が強い日は仕掛けを救出するよりも、新しいものを使うしかないので、時に結構使うこともあります。


おもりは軽い方が誘いになるとは思いますが、仕掛けが絡むと面倒なので茄子型の3号、4号ぐらいをつけてテンションを上げる様にします。


魚に見切られない様に仕掛けは針が4号~6号ぐらいで、ハリスも1号~1.5号ぐらいのものが多いです。


サビキに着いたアジめがけて、ヒラメが付く幸運もあるので、冬のヒラメが見込める時は気持ちハリスは太めのセットにしています。

  • 電気浮き 700円以上

 これが何気に一番お財布に痛いです。

夜釣りでは必須ですが、漁師さんの刺し網に引っかかったりすると、からまん棒をしていても道糸が切れて紛失します・・・ 

ひどい時は1夜にして2個失ったりして、せっかく来たのに帰ろうかと思ったり。特に連れてない時の精神的な苦痛はひどいもんです。

ウキをロスする時はエサかごも合わせたなんで、辛いです・・・

 ウキは商品によって感度がかなり違います。このウキは感度よく、何度使っても耐久性が高い!

いつもは6号を使用してます。


  • 棒電池 150円
  • からまん棒 
  • エサかご 300円~400円

 これが何気に一番消耗します。

手返しが非常によくて、網なのでよく拡散してくれるんですが、ふたの部分がばねで開閉するため、手荒にコマセを詰めてると何度かの釣行でおじゃんになります・・・だれか改良品を作ってほしいです。

 こまこまとお金はかかりますが、趣味としてはそれほどお金がかからないのが釣りです。

自然と触れ合うことも最高ですし、釣れたら魚も美味しいです。たまにボーズもあるのが辛いですが。

 冬はヒラメ、夏はシマアジとショゴ狙いで釣りまくりまっせ!








ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村