泳がせ釣り 


 ショアからの釣りは小物が多い。

ルアー釣りや本格的な入磯となれば可能性が広がるが、尺を超えるような魚はなかなかお目に掛かれない。

青物フラットフィッシュなどの大物はやはり魅力的。


 ちまちまとサビキで回遊魚がいくら釣れても、1匹のヒラメや青物にはかなわない。

ルアーを買ってみたものの、そう簡単には釣れない。

手軽なのはやはり泳がせ釣りだ。

なんせ生餌を使うので、釣れやすいに決まっている。

現地調達なのも手軽だ。

となると、活かしバケツが必要だ。


 以前、水くみバケツを紹介した。
 釣りは趣味の中で道具がそれなりに必要になります。無ければ無いで何とかなりますが、やはりあると無しでは、釣果に影響が出たり、楽に楽しく釣りが出来たりするものです。 最初はファミリーフィッシング用のセット物ばかり使っていましたし、それでいいと思っていました
www.gemini-blog.com


ちなみに、あれから3年近く前だ・・・・

まだ現役で活躍中。(どうやら廃版の模様)



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

バッカンかバケツか? 


 活かしバケツは以前から目を付けていた。

水がためられればなんでもいいと言えばそうだが、安物買いの銭失いは困る。

長持ちするのはやはり、それなりのものを買わないとすぐに壊れる。


一番に目を付けたのはこれだ。

やはりダイワはデザインがいい。

一通りの機能は備えているがいい値段だ。




こんなのもある。

シルバーは結構かっこいいし、値段は半額以下だ。

これはこれでよいが、丸型なのが気になる。


 餌師にとって、釣り具はどうしても多くなる。

バッカンに道具はすべて入れたいが、丸型のバケツでは収納に難がある。


 すでに水くみバケツはあるのでどうしようかと悩んだ挙句・・・




 水くみバケツは21cm

これは24cmなので重ねて収納できるのが大きい。

バッカンにもこれなら入る。

実際に重なるのかはすごく気になっていたが・・・

こんな感じだ。

DSC_2048


内側の白いバケツ(21cm)にぴったり。

取っ手がプラスチックなので一回り大きく、24cmでゆったり入る。


 これにエアポンプでエアレーションすれば問題なし。

10匹ぐらいまでなら問題なさそう。


 冬場は水くみバケツの水温が急激に下がる。

地上のバケツには冷気が吹き付けるため、バケツの中の水温が簡単に下がる。

こうなると生餌がすぐに弱るので、バケツはある程度大きくないといかん
(白い21cmのバケツだと、真冬は1時間もすると弱り始める)


いい買い物になった。


 バッカンに入れるとこうだ。

DSC_2045


バッカンにもぴったり入る。

タックルボックスを入れても余裕がある。


後は大物を釣るだけだな!


ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!