初夏の釣り 


 今年は春の釣りは前回の5月釣行の1度だけだった。

アジが数匹ともはや、釣り場に向かう気持ちがなくなるほどの釣果だったが、1週間も経つとうずうずしてくる。

やっぱり、ウキがスパッと消えるあの瞬間と、グングンと震えるあの引きにアドレナリンが出る。


 それにしても、釣れないのはつまらない。

かといって、夜釣りにややこしい仕掛けはトラブルの原因。

同じことをしても結果は見えているので、何か出来ることはないか・・・!?

と思って、1つだけトライしてみることにした。



誘いである。


これまでは仕掛けを投入してから潮に流して数分・・・

2~3分も経てばエサはなくなる。

これで釣れないなら、10~15秒ごとに竿を軽く立てて誘いを入れてみよう。


深夜に到着するように、計画してハンドルを握る。

窓を開けっぱなしにすると、外気はまだまだ寒い。

日付をまたぐあたりになると気温も下がるが、湿度も上がる。

こうなると少し肌寒さがぐっと増す。


いつもの経路に新しい道が出来た。

旧道は両側に民家が迫り、道もくねくねしてどうにも危なっかしいが、

そこに信号が全くないショートカットが開通した。

距離委すると2~3kmだが、もう旧道はもう通れない。


そうこうするうちに駐車場に到着。

赤い電気ウキが見える。どうやら先行者がいるらしい。


ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

凪 


 先行者に話しかけると、なんと撤収するらしい。

夕方から入ったが、夕まづめはダメで、その後の調子が良かったらしい。

へーっ。普通逆だと思うが、本人曰くそうらしい。

20cm弱のアジがツ抜けしているぐらい。

まあ、この時期なら御の字だろう。


 釣り座を譲ってもらって仕掛けを投げる。

風はなく、潮も止まっている。凪だ・・・

仕掛けを入れると、湾内から外に向けてゆっくり潮が流れている。

1投目のあたりはない。



2投目からは誘いを何度か入れてみる。

あたりもなく、仕掛けを回収に入ったところでググっと重みがかかる。

値掛かりか?と思ったが、グングンと思い引きが竿に伝わる。

フグのような鈍い重さだが、フグの引きはプルプルと小刻みで軽い。

むしろそれなりに動き回っているので、大きめのアジかもしれないが、何か感じたことのないあたりだ。

半分ほど回収しても、あたりは相変わらず重い。

ウキが直前まで迫り、海面を照らすと背中がなぜか黒い。

アジなら白くキラっと海中が光るが、どうもダークな背中は変わらない。

メジナ? でも長細い・・・

サイズはそこそこあるので、口切れが怖いが、タモ入れするのは躊躇する。

ぐっと竿を立てて目に飛び込んできたのは・・・

DSC_1443

メバル?と思ったが、イサキだ。

伊佐木? そういえば露入りしたと効いていたが、旬の魚が釣れた。

サイズもそこそこいい。 後で測ると27cm、スーパーに並ぶぐらいの大きさ。


これはいい、こんなのがつれれば楽しいぞ。


といっても連続して釣れるほどは甘くない。

それから20分ほど経っただろうか。

回収中に小物を感じて、上がってきたのは小さなアジ。

DSC_1445


逃がしてもいいが、バケツにキープだ。


そこからは ・・・

相変わらず、誘いお入れながら1~2時間たったころに、ウキがスパッと消えた。

こんなに明らかなあたりは最近ない。

口切れしない程度に小さく合わせを入れてからリールを巻くと、それほどの大きさはない。

竿に伝わるあたりは、アジではないが、そこそこよく動く重たい引き。

DSC_1446

2匹目のイサキだ。

1匹なら運もあるだろうが、複数釣れるということは、たくさん釣れる可能性があるということだ。

そうなれば、家族に1匹づつだと後・・・

そこからは朝露交じりに湿気た風が白み始めた海辺をなめていく。

寒い・・・


今日はお手製の赤タンに反応はなかった。

同じエサでは飽きられるかもしれないので、いつも持っていく。

オキアミと赤タンを付けていると、赤タンのみに掛かることもある。

今日はそういう日でなかった。



ここ半年か、1年か、朝まづめは全く釣れない。

なぜか? もちろんわからないが、これほど釣れないのかという程釣れない。

とはいえ、せっかく来たのにこのまま撤収はもったいない。


これまでのカゴ釣りから2ヒロ1本針の遠投で遠目を狙うことにした。

遠くで海面がざわついている。

大きくはないがボイルが沸いているようだ。

何度も遠投するが、ハリスが道糸に絡むばかり。

どうすればいいのか、これでは釣りにならない。



そんな何の変哲もない回収で、あたりを感じる。

ん?

何かついている。 フグではなく泳いでいる。

ウキが見えたが見たことのない流線形の細長い魚が見える。

相手が何かはわからないが、このサイズならばれてもいい。

ぶり抜くと、青物だった。

DSC_1447


黄色みがかっているが、ブリだ。20cm程度なのでワカシだ。

小さすぎるので逃がしてもいいが、子供に見せてやろうと持って帰ることにした。

刺身には脂がのっていないので、塩焼きだろう。

すぐに脳天締めと血抜きをした。

それにしても青物はきれいだ。

こいつらは興奮すると黄色み掛かる。


・・・

撤収。

帰り道にお気に入りの魚屋がある。開店時間は10時。

あまり撤収が早いと時間をつぶすのがつらいが、これ以上糸を垂れる気が起きない。


納竿した。

潮の濁りは悪くないが、潮が止まっているのがつらい。

もう少しうねりがないと、なかなか生命感を感じられない。


27cm。

DSC_1451

刺身に出来る最低サイズか? 塩焼きなら普通にいけそうだ。

もちろん、脳天締めと血抜きをして鮮度は最高なので刺身にする。


DSC_1452

4匹でさみしい限りだが、いつもは釣れない魚なので、結構楽しかった。

次回はもう少し早くでて、イサキを狙ってみるかな。


ちなみに、行きつけの魚屋で同じようなサイズの魚が2匹で400円。

まあ、そんなもんだ。

比べてはいけないんだ。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村