外房でシマアジ・ヒラメ釣りのじぇみないブログ

穏やかで明るい毎日となれば日々是好日。外房中心に内房や川釣りを楽しむ。夏はシマアジやショゴ、冬はヒラメやアジ釣り。気長に読んでいただけると嬉しいです。

あじ釣行記

9月最後 

 前回の釣行の後半はなけなしのアミエビをカゴに少量つめてアジが連発し始めた。

集魚剤・米ぬか中心のコマセは煙幕効果・においによる集魚効果は見込んでいたが、フグばかりが寄ってきた。


付けエサはフグにかじられて手に打ちようがない。


同じことを繰り返してもしょうがない。

ウキを変えた、カゴを変えた、ハリスを変えた。

結局効果が上がったのは、アミエビを10匹ばかりコマセかごに詰めてから。


2割程度しか詰めていないので、カゴからしっかり飛び出して、仕掛けを回収するとしっかり空になる。

遠投してから10秒もすると、ウキがしもって、あたりが頻発する。


今までは米ぬか&集魚剤にアミエビを混ぜて使っていたので、持ち運びが重たい。

1回の釣行ですべてを使い切らないので残ったらバッカンに入れるが、これが必ず漏れる。

集魚剤もアミエビも二重・三重にビニールに入れても必ず漏れるし、とにかく臭い。

1週間程度は釣行期間が空くので、車が臭い。

バッカンに入れている他の釣り道具にアミエビの汁が付くと地獄だ。


そこで見つけたサビキクラブは秀逸だ。


量と値段を考えるとコストパフォーマンスがいい。

常温保存が出来て集魚剤と混ぜるとかなりのコマセが出来る。

ビニールもかなりの厚手なので破れることはない。

ジッパーもついているが、これは役に立たない。

ジッパーで絞めて場所替えすることは出来ても日をまたいだ保存は厳しい。

あまり使わないから、ビニール袋に2重に入れて保存しておいても必ず漏れている。



朝まづめに偏光グラスを取り出したらアミエビ臭い。

これで開封後のアミエビや集魚剤を翌週に使うのはやめた・・・

そんなこんなを数えきれないぐらい繰り返した結果、アミエビや集魚剤も事前にペットボトルに詰めて持っていくことに。

こうすると漏れることは全くないが、そもそもその作業がめんどくさい。


一方で、オキアミをコマセに使う場合、冷凍ブロックをそのまま釣り場に持ち込めだけだ。

釣り開始時にオキアミが固まっている。

ただ、海水に浸せばすぐに溶けるし、スコップで切り崩しながら使う分を外気にさらせば冬場であっても溶けるのにそれほどの時間はかからない。

溶けるとアミ汁が出るが、底は100均で買ったペットボトルに入れた集魚剤を振りかけて吸水させる。

DSC_1565


これまでの集魚剤はコマセの本体だったが、アオキアミコマセにとってはあくまで水気取り。

800ml用だが、1回の釣行で半分ほど使うかどうかだ。

あまり集魚剤を入れすぎると、フグの活性が上がるので避けなければいけない。

ちなみに、この広口ボトルは漏斗で集魚剤を入れる時に非常に役立つ。

振りかける時も、集魚剤は押し麦や牡蠣殻のような大きな塊があると漏斗で引っかかるが、太口漏斗で問題なし。

漏れて汚れたりにおいが気になることもないし、ベランダで保管も簡単。


これはいい。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

ハイシーズン 

 気候が緩やかに落ち着いてきた。

夕方はぐっと気温が下がり、窓を開けて寝ると風邪をひきそうだ。

千葉の停電もおおむね解消したとのこと。

前回の釣行では、往復で10件弱の家でブルーシートが見られた。

房総を横断し、外房へ抜けるルートであるためニュースで見る内房ほどの被害はない。

道中の道路に被災の後はほとんど見えない。

1件のコンビニの立て看板が市原で壊れているだけだ。


渋滞もなく、道中のドライブもストレスがない。

夜釣りの移動は、渋滞や信号待ちが少ないところいい。

田舎道は1車線ばかり。夜中にゆっくり走るドライバーはほとんどいない。

これが日中なら移動時間は少なくとも1.5倍、2倍かかることもザラだろう。


駐車場に着くと、先客がいる。


ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

ついぞ今夏の釣行無し

 夏は暑い。毎年釣行は遠のく。

御多分に漏れず、今年の夏は一度も釣りに出ることもなかった。

7月は異常な日照不足で低温が続く。

曇りばかりの天気で風が強く、潮とのにらめっこで結局諦めた。


8月に入って急激に日照が戻り、気温もぐんぐん上昇して、半ば殺人的な高温。

夜釣りであっても車の運転をする気が失せるほどで、エアコンがないとつらかった。


9月に入って日が落ちてから気温が下がり始めたので、そろそろともぞもぞしていたところあの台風。

我が家も夜間の風の強さは経験したことのないもので、窓ガラスががたがた震えていた。

室内外の気圧差で換気扇がぼこぼこうるさい。

マンション上層階のため、飛来物はなかったが、確かに瓦や看板などは飛び上がりそうだった。

そういえば、関空連絡橋にタンカーがぶつかった”あの”大阪の台風の映像に似ていた。


台風一過で、トイレに入ると臭い。

見ると、便器の底に溜まっているはずの水が抜けていた。

おそらく気圧の関係だろう。あふれるよりは抜ける方がましだ。

すぐに水を流して事なきを得た。



海はばちゃばちゃで、2日は間を空けないと魚は帰ってこないか・・・?

と思っていたのは悠長なもので、停電がいつまでたっても収束しない。

南房を中心に電柱や木が倒れ、コンビニが空いていない。

我が家の近くでも車を走らせると”災害派遣”の自衛隊車が走っている。


こんな状態では、釣行で何かトラブルが起きても迷惑が掛かるだけだ。

停電が落ち着き始めた2週間。

現地の釣り具屋も”大丈夫ですので釣りに来て”とのこと。

久しぶりの釣行に出かけた。


ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

ウリボウはまだか? 

 ここ数回はイサキが釣れると嬉しい。

アジとは一回り大きく、刺身にすると引きが楽しい。

一方でアジはツ抜けどころではない、片手も難しい。

これでは、なめろうも作れん。


それにしても、これからの天気予報は雨マークが多い。

気温も上がって、蒸し暑い中の釣りはやっておられん。

なんせ、この雨は南からの湿った空気が降らせる雨だ。

雨量も多いし、湿度は高い。おまけに波が高い。

この雨が通り過ぎると、夏の暑い日差しがやってくる。

そうすると、日中の釣りはお手上げだ。

あのジリ熱の中で、釣りをしたら、丸一日はへばってしまう。


いつものように、我が家を出発して釣り座へ向かう。

田舎道を抜けると蛙の声がうるさい。


ちなみに、台風の影響だろうが、南風が断続的に吹いたので海水温が急上昇だ。

つい数日前まではまだ、水色があったのに、外房はほぼ緑色で21~22℃。

kaisui20190628

野母崎のすぐ沖合は既に全面オレンジ色。

これだけ海水温が上昇すれば、カンパチやらショゴが接岸してくる。

日が昇ってからも、暑さに負けなければ狙えるだろう。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

遠投と水深 

 釣りをすると、何かと遠投したくなる。

単純に遠くに投げればいいという問題ではないだろうが、ショアの近くは水深が浅く、魚の警戒心も強い。


海面近くを回遊する魚もいるだろう。

だが、魚の天敵が鳥である以上、海面近くを好き好んで住みかとする魚はいないだろう。

魚の背中が黒っぽいのは、フィッシュイーターよりも鳥を意識している。
(深海の魚の背中の色に特徴があるとは思えない。)

ルアーフィッシングで大切なのは”フォール”出会って、魚は上から落ちてくる餌を捕食する。

根魚やスズキなどは下唇の方が上唇より前に出ている。


 釣りの仕方でもまずは底を意識する。

エギングもジギングも着底を確認してからアクションを始める。

船からの釣り方でも、表層をホッパー等で狙うこともあるが、ほとんどは底を取る。

それだけ、魚は底にいることが多い。


同じ底なら、水深が深いほうがやはり魚影が濃い。

水深が深いところとなると、ショアからは遠投が必要となる。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

ウリボウを求めて 


 週末にとんでもなく天気が荒れた。

局所的に雨がたくさん降ったし、風が特に強かった。

風が極端に強い日はベランダのよしずを一旦片付ける必要があるが、今回は迷った。


季節の変わり目だろう。

梅雨から初夏への切り替え時期に日本海側からの冷気と太平洋側の暖気がぶつかったのだろうか。

理由は何でもいいが、とにかくあれば。


釣り物によるが、世に釣れない理由はいくつかある。

大雨や台風後の濁り潮は特にきつい。

1日ではなかなか濁りがおさまらず、警戒感が高いのか、海に生命感を感じない。


風がおさまって天気がいいなら、釣りに行きたくなるが、こういう時は絶対に釣れない。

何をやっても釣れない。

そもそも、海底や沖に魚が出ているんだろう、船釣りでもない限り餌が残る。


とはいえ、ここのところイサキが釣れている。

かすかな期待に掛けて、出かけた。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

梅雨入り 


 ここ数日は気温が低く、夜が寒い。

日が落ちて、網戸を開けたままにしているとかなり気温が下がる。

雨が降ると潮が濁る。

水潮になると、魚の食い気が下がるという。

大きく雨が降った後の釣行は気を付けたほうがいいかもしれない。

せっかくの釣行、釣れないのに竿を出してもしょうがない。


 外房の海水温がやっと上がってきた。

kaikyou

濃い水色がかなり北上し、20度の境界が勝浦まで上がってきた。

20度と聞くと、ちょっとワクワクする。

シマアジが接岸しそうだ。

そうなると日が昇ってからも釣果に期待が出来る。

まあ、気温が急激に上昇するために、真夏の釣りはつらいが。


いつものように、釣り場につくと先行者がいる。

いつもより早く釣り座に向かったが残念。

現場に着くと、先行者は1人ではない・・・

いつもの特等席に入れない。

これは厳しそうだ・・・



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

↑このページのトップヘ