外房でシマアジ・ヒラメ釣りのじぇみないブログ

穏やかで明るい毎日となるように日々是好日な生活を目指してます。外房中心に内房や川釣りを楽しんでいます。夏はシマアジやショゴ、冬はヒラメやアジ釣り です。他にも園芸、料理から、子供との毎日、育児までいろんなことをつぶやくので、気長に読んでいただけると嬉しいです。

釣具

 釣りを始めた時は釣り竿もトートバックに入れて持ち運んでいました。

取り扱いが面倒なので仕舞寸法が短い竿を買ったりしましたが、やっぱり仕舞寸法が1mぐらいのものでないと、しっかりした竿は買えません

 そうなると必要となるのはロッドケースです。

釣り座にはいつも釣竿を数本持っていきますが、まさかゴムバンドでくくって持っていくことも出来ません。

ロッドケースには他にも収納したい道具がたくさんあります。以前紹介した竿立てや遠投杓もロッドケースに入れられますしね。

ベストな商品にであっていませんが、複数ロッドを扱う時などに便利な竿立てを紹介してみます。
www.gemini-blog.com
 今回は、餌釣りでコマセを扱うので、遠投杓と竿立てを選びました。
www.gemini-blog.com

 というこで、今回はロッドケースの紹介です。

続きを読む

小銭で買える便利グッズ


 寒い日が続いています。今年は年が明けた1/22に関東も大雪に見舞われました。

DSC_0629

その後も霜柱が見られるぐらい寒い日が2週間以上続きました。歩くと風が冷たく、ほほがひりひりするぐらい・・・

我が家の近くでは、マンションの日影でずっと雪が残っていましたが。(2/8撮影)

DSC_0630
やっと溶けました。2週間以上かかりましたね。

 こんな寒い日は波止場・堤防釣りではなかなかつれません。じっと我慢して、お小遣いで買えるぐらいのちょっと便利用品を買ってみました。

続きを読む

 前回はコマセ釣りの遠投杓を紹介しました。磯釣り師が満タンのバッカンからコマセを撒いてるところなんて、何となくかっこいいですよ。私はどうしても、お金が気になってしまいますが・・・集魚剤が3~4袋に、アミエビですから、それだけで3000円以上しますよね。





 今回は、ベストな商品にであっていませんが、複数ロッドを扱う時などに便利な竿立てを紹介してみます。
 
続きを読む

 身の安全を守るためのライフジャケットを前回紹介しました。収納ポケットがたくさんついていて便利ですので、ぜひ購入をお勧めします。フローティングベスト側(ライフジャケットです)であればそこまで高額ではないし、一度買えば劣化・破損はほとんどないため、長いこと使えますよ。




 今回は、餌釣りでコマセを扱うので、遠投杓の紹介です。
 
続きを読む

 身の安全を守るためのライフジャケットを前回紹介しました。収納ポケットがたくさんついていて便利ですので、ぜひ購入をお勧めします。フローティングベスト側(ライフジャケットです)であればそこまで高額ではないし、一度買えば劣化・破損はほとんどないため、長いこと使えますよ。




 今回は、安全な釣行にもつながりますが、むしろあったほうが快適に釣りに専念できるグッズとして、ブーツとグローブの紹介です。釣りを始めた頃は、わざわざ専用の靴と手袋なんてわざわざいらないと思っていましたが、釣行を重ねるとやっぱり、フィッシング専用の道具があったほうががぜん便利だと思います。

 
続きを読む

 前回は釣りの脇役ということで偏向サングラスとヘッドセット、干物網を紹介しました。特にヘッドセットは音楽を毎回必ず聞くので、毎回持って行っています。手が汚れているから絶対に耳からずれない、落ちないヘッドセットを必ず選びましょう。




 釣り場は自然そのもので、ちょっとした油断で思わぬ事故につながることもありえます。

時々釣り場の世間話では「先週堤防から落水した人がいるらしい」とか、「穴釣りをしてた人がテトラポットから落下した」とか聞くことがあります。

 大けがしたり、命にかかわるのはわかっていても、釣りをしてると注意力が落ちたり、釣れなくてイライラしてると、いつもならやらないことをやってしまったりするので、明日は我が身と油断してはいけません。

 事故や怪我に繋がらないように身を守る道具を今回は取り上げてみます。

 
続きを読む

 前回はフィッシュホルダーとバケツを紹介でした。どんな対象魚でも釣り方でも必須のアイテムなので、ある程度しっかりしたものがいいと思います。私もバケツは既に買い換えました。


 今回は必須アイテムでないですが、釣りを続けているとつい買ってしまった完全わき役アイテムの紹介です。

 使わない人はあまり興味無いかもしれませんが、それほど高額でもないですし、釣行がより楽しくなるかもしれませんから、お付き合いを。

 
続きを読む

↑このページのトップヘ