新兵器を投入


 4月に入り、水温が上昇していますがどんどんアジの釣果が下がっています。

以前は夜中も1時間当たり5匹ぐらいは釣れてたんですが、今はホントにひどくて、朝まづめまでに2、3匹釣れたらいい方。

釣ったアジで泳がせをして、暇つぶしをしたくても、これだけアジが釣れないと生き餌も得られません。

他の方の釣果を見ても同じ様な感じですから、何をやってもあまり期待できません。

こうなると、夜中ずっと暇なので、ワクワクする秘密兵器を探してました。

DSC_1023

見つけました、ほおっておいてもあまりトラブルにならない第二の置き竿候補。

イカの餌釣りで仕掛けにエサを巻き付けてほおっておけば、イカのあたりでウキが下がるという単純な仕組み。

泳がせの様に大物があるわけではないので、少しゆったり待ってられるかなと思ってトライしてみることにしました。

ちなみに、安かったので、蛍光のコマセかごもあってみました。この手のかごはコマセを詰めづらいので嫌いですが、蛍光ケースで少しでも釣果にプラスになるんならと思ってダメもとで購入。

新兵器を持って、いつもの釣り場の夜釣りへ繰り出しました・・・

堤防にウツボの死がいはないでしょう・・・


 皆さんのブログで釣り人マナーに関するコメントが時々ありますが、同感です。

なぜ釣り場でごみを平気で捨てるのか、吸殻を捨てるのか、フグなどの雑魚を捨てるのか・・・

ただ、そういう人はしょうがないし、釣れない時には堤防掃除をするぐらいで、声を上げるほどではありませんが・・・

今回は堤防に50cmぐらいのウツボの死がいが捨ててあったのにはがっかり。

雑魚にしてもウツボにしても、二度釣りしたくないのか、堤防の上に捨てたりする意味が分かりません。

死がいを堤防の上にほっておけばにおいも気になるし、次の人が嫌な気持ちになりますよね。ただそれだけなんですが。

開始前に少し嫌な気分になりながらも、コマセを準備してカゴサビキを始めることに。

釣果が下がる一方なので、夏用のコマセに入れている押し麦を夜釣りでも入れてみることに。

夏場の日中はこの押し麦がキラキラと光って、集魚効果が上がりますが、夜釣りにはどうでしょう?

釣り開始後、いつもの通りあたりは全然ないので、イカ釣りの仕掛けを取り出して竿を追加することに。

エサがないので、冷凍庫のアジの干物を1枚持ってきて使うことに。さあ、イカのあたりが出てくれると嬉しいんですが・・・

この貧果は対策無し?


 開始後、2時間ぐらい経ってやっと最初のアジがヒット。

アタリもか弱いですね。一度ウキが沈んで追い食いのためにしばらく待ちますが、次のあたりはなくウキは海面を漂っています。

一応仕掛けを回収してみると1匹だけ着いてました。

DSC_1027


泳がせには少し大きめで15cm以上のサイズですが、持ち帰ってもしょうがないので泳がせの竿も出してみることに。

そこからはかごサビキ、イカの餌巻仕掛け、泳がせの3本体制ですが、沈黙が1時間以上続きます。

最初のヒットは・・・ 泳がせでした。

イカの仕掛けを回収・餌の確認後に遠投しなおした後に、泳がせの赤い電気浮きが全く海面に見えません。

数秒は海面を探してみながら、竿を持って、完全に沈んでいることを確認。

道糸のふけを取るためにリールを巻いて、軽めの合わせを入れると記憶にある重めのアタリ、サメですね。

釣り座の左にウキはありましたが、竿を立てると仕掛けは沖を目指して逆方向に向かっています

鮫だと決めつけてばれるともったいないので、少し慎重に引き寄せ始めたののの、すぐにバチンとラインブレイク。

ハリスではなく道糸側が切れたので、電気ウキもろとも二度と海面に姿を現すことなく、消えてしまいました。

これで生き餌もなくなり、静かな海が戻ってきました。

その後はいつもの通り朝まづめまであたりはなく、朝まづめでもアタリはポツポツ。

中にはスーパーで売っているぐらいのアジもかかりましたが、記憶でも数えられるぐらいの貧果。

数匹小サバが掛かってきたものの、面白みもなく、泳がせの竿を再度出すものの盛り上がりなくこのまま終了。

DSC_1031

最近の海況通り、海水温は16℃ぐらいあるようですが、海水温の上昇と釣果が全くつながりません。

DSC_1032


日の出後の気温も15℃を超えるぐらいで、逆に釣りの服装選びが難しいですね。
(海水の方が高いんですね)

寒いと思ってき過ぎると直ぐに汗ばむし、そうかといって日の出前後に湿った空気で風が強いと結構寒いですし。

DSC_1033

結局はアジ10匹となんとかつ抜けしましたが、メインの釣り時間は朝まづめのほんの1時間。

この程度では満足には程遠いのと、そもそもワクワク・楽しくないんですよね・・・

もう2カ月もすればショゴにシマアジが朝まづめで釣れるようになると思いますが、それまで盛り上がりに欠けますね・・・

ちなみに餌巻のイカ仕掛けは反応なし。まあ、泳がせとのライントラブルを避けるために、ずっと投入していたわけではありませんが・・・

アジのサイズは若干大きなものが混じっています。写真の一番大きいアジは22cm。20cm前後がアベレージになれば数が減っても嬉しいんですが・・・

昼は全く釣れないはずなので、朝まづめではなく、夕まづをターゲットにしてみるのもありかもしれませんね。

ヒラメやマトウダイなどの特別ゲストも期待したいんですが、サメばかりです・・・








ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村