たまには内房へ


 ここのところの外房の釣果が悪かったので、以前よく行っていた鋸南に足をのばしまいs多。

 そもそもの私の釣りブームはチヌが釣ってみたかったこともあるのと、内房は高速が通っているので何かと交通の便がいい鋸南にはよく行っていました。

その中でもサビキでアジがたくさん釣れていた釣り場に期待を込めて、久しぶりの内房釣りとなりました。

見出し


 久しぶりに子供もついてくるということなので、朝早くの夜釣りから開始しすることにして、現場に着いたのは3時過ぎ。まだ子供は夢の中ですがかご釣りから始めることに。

 最近行ったタックルベリーで見つけたLEDの電気ウキをセットして、かご釣り開始

最初はコマセを利かせるために、手返しよく5投ほどして、もう一本の竿でフカセ釣りも始めました

かごを引き上げようとすると根掛かりしているもよう。しょうがないので、道糸を握ってグッと引っ張ると、糸が切れたのはいいんですが、非常にまずい感触。

 道糸に重さを感じない。まさか・・・ ウキとかごをいっぺんにロスト。堤防で一人へこむこと10秒。

 まあ、釣りなんてこんなもんだ、持ち直して浮き釣りに専念すること1時間半ぐらいでしたが、結局夜釣りは釣果無し

 夜が明けてからは、もともとアジ狙いなのでサビキを追加。

コマセを巻いてしばしまつと、外房と同じくボラが海面を泳いでます

浮き釣りは浮きが下がることも時々で、餌を変えていたときに、サビキの浮きが海面にないことに気付いて、そんなことある?と思いながら竿を上げたところ、きました、でっかいアイゴ

35cmから40cmの大きさなので引きもすごいんですが、市販のサビキ仕掛けのハリスは結構太いもんで、何とか上げることが出来ました。

 うーーん、これじゃないし、こんなところで背びれにささったら面倒です。滞りなく針を外して、リリースした後しばらく待つと、次のゲストが、ボラ。

 
9a3e4f36.jpg

 45cmでした。さすがの引きです。

ボラはボラなんでリリースしようかとも思いましたが、以前きれいなところのボラは美味しいと聞いて一応キープ。

後々にさばいたんですが、腹を裂いたとたんに灰色のはらわたが出てきて、どぶのにおいがしたんで、やっぱりだめか、リリースしました。ワタを取ったので、死んでしまいましたが。

 その後のサビキは音沙汰なく、アジに巡り合うことはかないません。残念。

アジは無理でもチヌがヒット


 そこからは、延べ竿を試していたところに、アイゴが数匹。

大体35cmぐらいなんで引きは凄くて、道糸が1号だとバチンと切られるばかり。しょうがないので1.5号に変えてみたものの、今度は針だけをかみ切られる始末。そんな中、今日一のアイゴが38cm。

ada9ef6f.jpg

 さすがにたも入れまで楽しませてもらいましたが、アイゴはアイゴ。あのアンモニア臭は無理!ということですべてリリース。

 そんなこんなで、最後はいつもの棒ウキで締めようとラストスパートをかけていたところ、いい感じに浮きが沈みます。

一度上がってきましたが、その後また引きこむ2段引きで、これはいいぞと期待を込めて、早合わせ厳禁。5秒ほど待って、ゆっくり大きく合わせを入れたところ、ばっちり針掛りしました。

 リールを巻くと、銀色の魚体が浮かんでくるので、アイゴ?でも、ここのアイゴは赤み掛かっているんで、まさか青物?でも内房なんで期待しすぎはダメですよね。

 そんなこんなで引き上げていると、やっぱり銀色の魚体で、形はメジナの様な感じ。もしかしてチヌ?と期待は膨らんで海面まで引き上げると確信に変わりました。慌てて、子供にたも入れをお願いして無事キャッチ。

 うーーん。アイゴにボラにウキもなくなって、アジも釣れないと悶々とした一日でしたが、何とか最後にいい魚が釣れました。

型は片手ぐらいなんで22cmぐらいでしょうか。チヌが釣れたのは感慨もひとしお。これで納竿としました。

7650e1bd.jpg

 天気:曇りのち晴れ、気温:快適25度、中潮、凪