数年に一度はなぜかマイブームが起こる通信環境の見直しについて、最近またブームが来ました。

携帯電話のバッテリーがへたって来て、1日持たなくなってきたのがスタートです。全ての通信回線の利用料を調べると、光回線、固定電話、携帯電話、プロバイダ料金を合わせると、毎月2万円程度かかっています。スマホ黎明期はガラケーの月額使用料が2000円を切っていたので、通信費は格安で、世の中便利で安くなったな・・・と感じていましたが、その後のスマホの躍進に通信業界の商魂が相まって、ずっと利用料が高止まりすることになりました。
便利とはいえ、5000円/台なら便利だからしょうがないか、と思いますが、5000円どころか6000円~7000円するのでちと痛いです。一方で格安SIMなるものに手を出す勇気もないので、なーなーにしていました。なんせ、家族割りで家族間の通話が無料ってのが肝で、これで月々数千円はタダになっています。事実上のキャリア縛り。

 ところが、ドコモがWITHなる格安プランを出してからは、がぜんプラン変更(機種変更)の気持ちが高ぶってきました。格安SIMに対抗する戦略でしょうが、ずっと1500円/台割引ってのが大きいですね。端末にこだわりはないのと、子供の学割が切れて、これまで無料だった基本料が700円ぐらい取られるようになってからは、家族全員WITHに乗り換えることに。

 これだけなら携帯のプラン変更どまりでしたが、ドコモ光なる光回線にするとドコモの基本料の割引もあるとのことで、全般的な見直しを決断。

 以前からWiMAXなるCMがバンバンテレビで流れるなか、何なのか全くわからなかったんですが、このモバイルWIFIの導入も検討しました。モバイルWIFIを契約すればスマホのパケットプランは最少のものにして、常時モバイルWIFI端末経由で高速通信が可能になります。もちろんモバイルWIFI端末を常に持ち歩かないといけないですが、光回線までの通信速度は出ないものの、高速回線を外出中も常に使えるのは大きなメリットですね

 が、最終的にこのモバイルWIFIは選択しませんでした。固定電話がやはりネックです・・・WiMAXも光回線も月額使用料はキャンペーン割引を除けばほぼ一緒です。WiMAXのメリットはモバイル性ですが、デメリットは固定回線が無くなることです。固定回線が必要であれば、NTTの単独サービスを2000円弱で契約するか、有線高速回線を契約し、それに付属するIP電話(どこの会社もひかり電話と言う名前です)を使うかのどちらかです。

 優先固定回線は光回線かADSLですが、光回線を契約する有線高速回線(光回線)と無線高速回線(WiMAX)のダブル契約となり、本末転倒です。ADSLはヤフーが1300円程度で安いものの、ひかり電話を加えると結局、固定料金は3000円台になります。WiMAXを契約しながら固定電話のために3000円ちょっとの固定費を払うのって・・・

 結局、家の回線は光回線のまま(○○光⇒ドコモ光への変更はありますが)、携帯の機種・プラン変更によって、ドコモのセット割りによって月々7000円程度固定費が減る見込みです。もちろん機種変更による新規端末台はかかりますが、4か月/台ぐらいで回収できる見込み。一時期の端末無料の時代には戻れないと考えると、まあ、こんなもんでしょうがなしとするところでしょうね。

 ちなみに、現在の光回線はルータのレンタル料金が発生していますが、ドコモ光では無料とのこと。光回線も成熟市場となり、少しずつ安くなっているんでしょう。

 いろんなプランと制約があって、調べるのが大変でしたが、この路線でこれから順次契約変更の予定です。