台風前は魚が釣れるとネットには書いてあります。本当でしょうか?

 気圧が変わると魚はその変化によって、捕食や住処の移動へ影響が合うとか。わかるようで、?のところもあります。まあ魚は浮袋がるぐらいなので、気圧の影響は人間以上に大きいでしょうね。まあ、実際に釣りに行くしかわかりません。
 いつもの場所のいつもの時間、日の出からの開始になりました。

 いつもと違うのは駐車場近くの堤防からでなく、外堤防からですので、潮通しはよいはず。コマセを運ぶのが面倒なので、いつも外堤防は敬遠していますが、今日は朝7時ぐらいに干潮なので、駐車場前だと水深が無くなりすぎるなと言うのが原因。秋口になって水の濁りは緑色で結構いい感じなんですが、やはり魚は水面上、堤防にいる人間を警戒するはず!!

 と言うことで、期待はいつもより高く、水温も落ち着き、秋口になり活性も上がっていると思ってましたが。


 堤防先端は先客ありでかご釣り。聞くとアジがぽつぽつ釣れているとのことで、より期待が上がりますね。

 コマセを準備し、オキアミつけて、磯竿を今回は2本で。棚を少しずらした2本の竿で確立を上げようと考えまして。朝から小さなあたりがぽつぽつあって、ウキもちょこちょこ沈みます。

 まず釣れたのは、小さなムツ。外房の夜釣りでアジが釣れないことが続いたので夜釣りはしていませんでしたが、先客がぽつぽつ釣れていると言っていたので、試してみました。

 ムツは夜から日の出にかけて釣れることが多く、やっぱりと言う感じ。まあ、美味しい魚なんで一応キープしましたが、もう少し大きくてもね。

 その後は、日の出から1時間立たないぐらいで、アジが。引きが弱いのでまたムツかと思っていましたが、ウキは海面から下がりっぱなし。シマアジか!と期待していましたが、まあ、これもキープ。15cmぐらいでしょうか。

 とその後からは、ここ最近の悪夢の再現ですね。先ほどのアジを上げている最中に、もう一本の竿を餌付けしてほっておいたら、ベラが釣れてまして。まあ、刺身は面倒ですが、煮つけならいいかとこれもキープ。

 それ以降は完全に終了。餌は15秒もすれば無くなりますが、浮きが下がることは何もなし。先端にいた先客の一人は睡眠時間に入りました。周りもだれも釣れず、後から来た人も帰り始める始末。


 8時にはこの場所を見切って、いつもの駐車場前の場所へ移動。ここで、シマアジ1匹に期待としてますが、やっぱり何も起きません。コマセへの集魚も低く、8月までは湧いて上がってくるようなメジナでさえ見えません。見えるのは、こぼれ落ちたコマセに詰まる堤防直下の雑魚ばかり。ベラやカワハギでしょうか?

 ここでも浮きは動かず、餌はなくなり何とも寂しい限りです。
全く反応が無いので、近くのおじちゃんが寄ってきて釣り談義。

 なんとかメジナが釣れましたが、これもいつもならリリースするサイズですが、今日はキープ。面倒でも刺身にしようかな。

 外房はどんどん魚が少なくなって、雑魚のエサ取りばかり(フグに悩ませることはないです)。ショゴもシマアジも釣れなくなって、アジもダメ。サビキなんて何にもきませんから。

DSC_0437


 やめられないのが釣りバカですが、でも悩みますよ、また来るのか・・・
台風よ早く去ってくれ。月曜日も行きたいんで。

 天気:くもり、気温:釣り時は20度ちょっと、若潮、4mぐらい(浮きが流されます)