強風続き 

 風が強い。

とにかく風が強い。

5m(/s)なら悩みもするが、10mを超えると論外だ。

それがずっと続いて悶々とする。

釣りに我慢は必要だが、釣りに行くのを我慢するのは・・・ 我慢ならん


 とはいえ、風速5m以上は釣行に出ないことに決めている。

このルールを曲げていい結果が出たことはほとんどない

予報が5mであれば、海岸沿いはそれ以上だ。

むしろ狙い目は海が少し荒れた次の日、二日後ぐらいだ。


 少しうねりが残り、フグや木っ端が減って、付けエサが残る。

こういう時に回遊が回ってくると・・・ ビックチャンスだ!

まあまあ、想像はそれぐらいにして。

久しぶりの釣行だ!




ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村

予報 

 前回の釣行から2週間以上経った。

風が強いか雨が降る。

そうなるとこの時期の釣行はNGだ。

tenki

う~ん、いつもならNGにしたいところだが、今後の予報も風が強い。

予報が4mということは、海岸沿いは5mを超すということじゃ。

4,3、4・・・ ピークを付けて弱まるわけでなく上下を繰り返すということは怪しい・・・


 まあ、それでも我慢ならん!!

知らん知らん、出発じゃ。

街路樹の葉っぱがほとんど落ちてきた。

ここからの気温低下は海水が冷たくなって手がしばれる。

こればっかりはどうしようもない。

極端な水温低下は釣果に響く。

雪でも降れば一気に釣果へ響くゾ。


などと考えながら運転すれば、あっという間に現場に到着じゃ。

先行者有だが、車は1台。

何とか竿は出せそうじゃ。

車から降りて防寒装備を装着。


キャリアを引くと、風で雑草が揺れている。

先行者は午後2から夕まず目を狙ったそうだが空振りとのこと。

その後、粘ってポツポツ釣れたそうだが、あたりはかなり渋いようだ。

ずっと風が強い海況が続いているので、木っ端が海岸に寄ってこないんだろう。


エサ取りが減るのはいいが、回遊も寄ってこんようでは釣りにならんぞ・・・

心なしか、釣りの準備もゆったりじゃ。

早く竿を出してもしょうがない、じっくりいかんと。


案の定、仕掛けを投入してもあたりが無い。

エサも残る・・・

そういえば、久しぶりの釣行でヘットライトがつかん

トランクをあさって小さなライトは見つかったが、光量が小さくやりづらい。

ただですら老眼で夜は弱いんじゃ。

エサが付けづらいし、風で仕掛けが絡むが暗くて見えんぞ!

などと気分下げ下げの中、お隣さんが納竿となった・・・


風は時折、置き竿を吹き飛ばすほどで、仕掛けも遠くまで届かない。

親切にも先行者がコマセを譲ると言ってくれたが・・・・

必要十分にはあるし、この状況では入れ食いでコマセ切れの見込みはない

丁重にお断りをした。


そこから2時間ほど餌は残り気味で、釣果0

気長に行こうと決めて、休憩に入る。

気になるのは風だけだが、風は強まる気配。


とにかくヘッドライトが無いのがつらい。

帰ってから確認すると、予想通りの断線

充電満タンだが、分解するとハンダが切れている。

はんだ付けして無事修理完了。


それはさておき、無理やり1時間ほどの休憩を取ってから釣り再開。

今日は餌がなくなってもフグは一度も上がらんぞ


相変わらず釣り人はいない。

到着時に出ていた月はいつの間にか西の空に沈んで真っ暗。

再開してポツポツアジが上がり始めるが、型はぼちぼち。


DSC_1758

20cmがやっと。
(日の出後の撮影・・・)

そこからもポツポツとしか続かず、もう一度休憩。

とにかく釣れない時に頑張っても回遊魚は釣れん。

根魚やチヌなら粘らんといかんだろうが、回遊魚はいなければ釣れん。


・・・

・・・


日の出まで後2時間。

朝まづめに向けて、回遊の予感もあり釣りを再開。

想定通り、ここからはウキにあたりが戻り始めた。

DSC_1759

最大は22cm。

まあ、こんなもんだがウキが下がるのが楽しい。

ここからのラッシュでバケツにアジが貯まり始めた。


今日は夜釣りの泳がせを試したかったが、とにかく風が強すぎる。

生きアジを5匹ほどブクブクで生かしつつ、あたりが白み始めた。


夜間に解凍しておいたアジのアラ

2度の休憩から釣り座に戻ると袋がビリビリに破かれていた。

恐らくだろう。

野生はすごいもんだ。ビニール袋と、くるんでおいた新聞がビリビリだ。


釣り座を汚してしまったのは残念だが、掃除して残ったアラをまとめておいた。


ここでまづめ狙いの釣り人登場。

ご挨拶頂き、隣に入った。

東の空は若干白み始めたがまだ暗い。

こんな中、お隣さんは海面を何度もライトで照らす・・・

釣果は上がっていないので気持ちはわかるが、海面を照らすのはイカンですよ。


我が家の水槽では、懐中電灯を当てたハヤは狂ったように暴れて隠れようとする。

野生の魚に取って光は恐怖に違いない。

案の定、そこからアジのあたりが遠のき始める。

せっかくの朝まづめが台無しじゃ。


何度も照らすので一言モノ申そうかとも考えたが・・・・

装備を見ると、昨日今日の釣り人ではないようだ。

”海面を照らすな”とは釣り人なら一度は聞いたことが在るはず。

・・・・ 釣りは我慢じゃ。


アジはあきらめて、泳がせの準備に入る。


とにかくヘッドライトが無いので、釣り糸が結べない。

サルカンとハリスを結ぶだけだが、それが大変で、隣ではヘッドライトを付けた釣り人。

他の釣り人も竿は曲がっていない。


風があるので、むらっ気が出て雰囲気はある。

バケツのアジはぶくぶくの甲斐もなく、腹お見せて沈んでいる。


酸素ではなく、おそらく水温のせいだろう。

汲み上げた直後の海水はほのかに暖かいが、海風にさらされると30分もすればキンキンに冷たくなる。

一℃の水温変化が致命傷と言われる魚、バケツの中なのアジはひとたまりもない。

案の定、鼻掛けするアジは小さく動いている。

死んではいないようだ。




1投目を投入。

やはりアジは生きている様で、潮の流れに逆らってウキが流れない。

鳥に食われて残ったアジのアラをポイじゃ。

このコマセが魚を寄せてくれればいいんじゃが。


カゴ釣りは場を荒らされてテンションは下がってしもうたが、一応仕掛けを投入。

どんどん餌が残るゾ。

そんな時、泳がせの電気ウキがスパッと沈んだ。


早や合わせは厳禁。

だが、足周りは水深も浅く根が多いので、あまり時間をかけるとハリスが根に絡む。

沈んだ緑の電気ウキは全く見えなくなって、浮かんでこない。

一発目のあたりなので、ここらへんで合わせを入れてやろう。


糸ふけを取って、緊張の瞬間、おりゃあ!!


乗った!!

青物ではない、感覚はヒラメかウツボじゃ。


雑巾の様な重さはなく、にぶくズンズンと根に潜り込むあたりだ。

これより強く根に潜ればウツボだろうが、そこまでの力はない。



となると、ヒラメか小さなウツボだろう。

楽しい!!

ドキドキだが、リールを巻く手が”ヒラメ”を確信している。

足場からおそらく、竿4~5本程度しか糸は出ていない。

ほどなくウキが上がり始めた。

抵抗はそれほど強くないが、潜り込むあたりには喧嘩せず、丁寧にいなす。


ウキが海面から出たが、まだ魚影が見えない。

サルカンが海面から1mほど出たところで、ゆらゆらと見えた魚は!!


やはりヒラメだ!

少し型が小さいのか、手ごたえが小さかったようだ。

1投目のランディングでヒラメ。

ちなみに、アジの釣果は大したことはない。

これを上げないと、寒風吹き荒む中、アジがちょろで終わってしまう。

後リールを一撒きすれば楽になるのに、面倒がってタモ入れをやり直すこと数度。



DSC_1760

どーん!!

前回より一回り小さく、体高が無い。

まあ、ヒラメはヒラメじゃ。

47cm。


やはり、あのアジアラの撒き餌は効いている

前回釣り上げた時もアラを撒いたし、今回もアラを撒いてすぐにかかった。

頭と内蔵のアラなので、血の匂いがフィッシュイーターを寄せてくるのだろう。

幸い、ウツボが寄ってこない。

ウツボが寄ってくれば、釣りにならんだろうに・・・


脳天締め血抜きのためにエラを切断、バケツに突っ込んで次へ。


鳥に食われて残念ながらアラはもうない。


一縷の望みを込めて、シマアジ用にカゴも投げるが、あたりはない。

あたりはないどころか餌が残る。

風が強いので、カゴ釣りと泳がせの二刀流が難しい。


絡まったカゴ釣りの仕掛けをほどいていると、ふと見た泳がせのウキが無い

日の出後の海面にウキを探すことしばし。



やはり無い!

カゴの仕掛けを放り出して、泳がせの4号竿を握る。


糸ふけを取って、すぐに合わせを入れると・・・・

間違いなくヒラメのあたり。


1匹目より若干大きめのあたりで、根掛かりはしていない。

ゆっくり竿を立てて、リールを3~4度巻く。

もう一度竿を立てる。

グーっと竿を立てると、最初のヒラメと同じようなにぶく、根に潜るあたり。

竿を立て切って、リールを巻こうとしたその時。


ブチっ!!

あ・・・!?

あ・・・・・・

ウキは上がってくるので高切れではない。

ウキ下の三又サルカンも見えたが針が無い。

親針・孫針ごと切られた、ということはおそらくヒラメだ。

・・・

・・・


こればっかりはしょうがない。

掛かりどころが悪ければ、6号のハリスは簡単に切られてしまう。

ウツボの力で6号のハリスは簡単には切れないはずだ。

残念だが、こればかりは仕方ない。



まだいる、それも1投目からほどなくあたりが出たのはいい兆候だ。

一日複数のヒラメはあげたことはない。


バケツにはまだ3匹アジが残っている。

時間がもったいない、残ったハリスに親針だけを付けて再投入。


殺気を消すために、カゴ釣りに戻る。

絡まった仕掛けをあきらめ、新しい仕掛けを投入。


なんと、横目に見えた泳がせのウキがダンシングを始める。

こんなにあたりが多い泳がせは初めてだ。

海が少し荒れた後はやはりいい。

台風や大寒波で大荒れ・ちゃんぽんの後は海はリセットされて魚影は遠のく。

が、少しバシャバシャ荒れた後はちょうどいい。


食い気が強いなら、フッキングさせてやろうと、少し早やあわせが頭にちらつく。

糸ふけを取って、ウキが沈んで5秒・・・・

さすがに早い。

そこから5秒で、おりゃー!!


ぐぐっ、 ぐ・・・ すーー・・・・


早かったかな・・・ うん。

もう忘れているが、トレブルフックの孫針は付いていない。

しっかり飲ませないといかんのに。


まだまだじゃ!!


なんか、可能性を感じつつける泳がせは初めてじゃ。

ここらへで、お隣さんは撤収の様だ。


朝まづめの2時間弱。

あきらめの速さは大切だが、こちらからするとヘッドライトで海面を照らしてノーフィッシュ。

ちょっとした迷惑じゃ。

ルール違反とは言わんが、マナー違反に間違いない。



海面を照らして釣れる魚は、太刀魚かオフショアのイカ釣りぐらい。

ヘッドライトは前面ではなく、足元を照らすようにしてほしいもんじゃ。



そんなこんなで淡い期待のシマアジは相変わらずあたり無し。

結局一度もフグが掛からないのは珍しい。

ムラっ気があるので雰囲気はかなりいいが、とにかく風が強すぎて二刀流は扱いきらん。

泳がせもあたりが無く、そろそろ納竿じゃ。



カゴ釣りの竿を片付けに入り、竿をたたんところで!?!!?

潮下にあるはずの泳がせの道糸が、潮上に向いて90度変わっている。

それも、道糸はぴんと張っている。

あかん、付いとる!!

あわせ以前に、完全に飲み込んどるぞ!!!。

慌てて泳がせの竿を握り、合わせを入れて・・・・



あ・あ・・ アカン!!

完全に値掛かりじゃ。

ハリスが根に掛かっている感覚がすぐにわかる。

ダメだ、ここまでくると外れることはほとんどない・・・

ごり巻きしてあきらめ、5分放置。

それでも出てこないので、ドラグを締めて・・・

三又サルカンでぷっつり行ってもうた。



納竿じゃ・・・





今日は紆余曲折のあった日じゃ。

序盤からは無反応。

朝まづめ前のアジラッシュ。

1投目のヒラメに、その後の3度のあたり。



あわよくば2匹以上揚げられる可能性もあったはず。

反省もあるが、収穫も多い。

とにかくヒラメを複数上げる壁を超えんといかん。


DSC_1763

海水はここ数日の悪天候でかなり下がっている。


ここと比べると1~2度低いがショアは温度変化が大きい。

雪の予報も出ておるので、急激な低下は勘弁してほしいもんじゃ。

DSC_1767

濁りがかなり下がってきた。

海水温が下がった影響じゃ。


これでは魚影が遠のいてしまう。

一気に真冬モードはいかんぞ。

緩やかに上がってほしいもんじゃ。

DSC_1768

ヒラメは何とかぎりぎり入った。


復路で行きつけの魚屋さんに立ち寄り。

あまり大した魚はなく残念だった。

まあ、ヒラメの刺身があるのでいいか・・・

そういえば、カード決済端末が入っていた。

こんなところでもキャッシュレスの波が来ているんだな・・・

今どき現金だけの小売店はさすがにいかんぞ。



金アジは相変わらずうまそうじゃ。


DSC_1773

持ち帰りはアジ14にヒラメ1。


DSC_1769

重さはちょうど1kg

50cm以下となると、ちと小さいぞ。

この絵は何度か撮ったが、やはり複数枚のヒラメを釣り上げたいもんじゃ。

DSC_1774

もちろん、天然の証でお腹は真っ白じゃ!!!

すぐに金だわしでうろこをさばいて・・・




ちとグロいが胃袋の中身を確認。

DSC_1777

ほぼ消化が完了した、小魚を発見。

もはや原型が無いが、骨格からするとアジじゃな。


目先の予報も風が強い。

何とか風が治まって、年内後何度行けるかのう。

次は2枚上げたるぞ!!


 

ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村