オキアミは万能 

 釣り餌は買うことは基本ない。


釣りのエサは高くはないが、数百円。

毎度の釣行で付けエサや集魚剤を買っていると、結構掛かる。

釣りの一番の出費はガソリン代などの交通費だろうが、自作で支障がないエサなら自分で作ったほうがいい。


付けエサはいろんな種類がある。

フィッシュイーターならサバやサンマの切り身やら鶏肉なんてこともあるし、イカはアジやイサキ釣りでは活躍する。

一方で、青イソメは生き餌として効果抜群。

ただ、夜釣り前にわざわざ買っておくのも面倒だし、釣り場への移動途中に釣り具屋があればいいが、そうでないこともある。


釣り人ならだれもが知っている。

一番簡単に使えて、効果が高いエサはやっぱりオキアミだ。

オキアミを食べない魚はおそらくほとんどいないだろう。

青物も狙えるし、鯛からアジ、底ものまで何でも釣れる。


ストックしておいたオキアミがなくなったので、さっそくまた作ってみた。

何度も繰り返すと、やっぱりコツがわかるし、何をすることに意味があるのかがよくわかる。



材料代は600円 

 近くの釣り具屋ではいつもこれを買ってくる。

okiami

冷凍ブロックは6等分に切り分けてラップ、冷凍庫で保存する。
(我が家は冷凍専用冷蔵庫がある。)

もう一つ大きな1/4切りになると、冷凍庫がオキアミだらけになる。

これはさすがに具合が悪い。

あくまで釣り餌はわき役。食料の保存に使わないと家族の心象が悪い。


ちなみに、等分するときは、釣り具屋から持ち帰って1時間程度キッチンで放置し、少し解凍されるのをまつ。

もちろんまだまだ硬い状態だが、1時間ほど経つと、力を入れるとナイフで切断できる。

冷凍庫から出した直後のハーゲンダッツにスプーンを刺さすのは大変だが、5分もするとゆっくり入るのと一緒だ。


今回は6等分の内、3辺をそのまま冷凍保存し、1/2でハード加工した。

冷凍片はしっかり解凍しないと加工できない。

格安スーパーで購入した”みりん風”調味料に浸し、完全解凍する。

みりん風に付けるのは脱水のため。

オキアミはほおっておくと黒変するが、それは絶対に避けたい。

解凍が終わったら、低温で加工するべし。

解凍後にみりんに完全に浸し、1時間も浸せばそれで充分。

みりんはあくまではわき役だ。


ここで染み出した汁をペットボトルに詰めて、釣り場でコマセに混ぜる。

これほどのオキアミエキスはないだろうし、魚もみりんの甘味は嫌いじゃないだろう。

DSC_1458


そっからはひたすら加糖に加糖を重ねるのみ。

ボールの上にざるを載せて、その上にオキアミを載せる。

それに砂糖を大量に振りかけて砂糖まみれにする。

どれだけ掛けたらいいか? ・・・すぐにわかる。

一旦冷蔵庫に入れて1時間後に取り出すと、ざるの下に大量の水分が出ている。

DSC_1454

まだまだ、序の口。

オキアミに透明感がない。白っぽいということはまだ脱水が不十分。

水が出る限り未完成だ。


DSC_1455


さらに加糖。ここで砂糖をケチってはいけない。

スーパーに行けば安い砂糖は1kg200円もしない。

この脱水を中途半端にすると、冷蔵庫の長期保存で冷凍焼けしたり、釣り座で残ったものを再冷凍・再利用が出来ない。

例えば、100gぐらい砂糖をさらにまぶして混ぜ合わせて再度冷蔵庫へ。

DSC_1456


写真はあくまでイメージで、しっかり混ぜ合わせること。


また1時間ぐらい待ってから取り出して確認しても、水が出ているだろう。

要するにまだである。 簡単な話、水が出る限り砂糖を追加し、水が出なくなればそれでいい。

また砂糖を追加して、冷蔵庫へ。

今回は冷蔵庫の出し入れを4回した。

間隔は1時間ぐらいで問題ない。

  1. みりんに浸して1時間
  2. 水を抜いて、最初の加糖し1時間
  3. 水を抜いて、2回目の加糖し1時間
  4. 水を抜いて、3度目の加糖し1時間
最後に取り出すと、水が出なくなるのと、オキアミがあめ色に透明になる。

DSC_1459


実物を見るとよくわかるが、透明になる。

こうなると、最後に念のための加糖をして冷蔵庫に1番寝かせる。

翌朝見ても、水はほとんど出ていない。

これで完成だ。

触ると身に適度な弾力がある。

なんというか、ちょっと極端に言えば、グミを触っているような弾力がある。


後は小分けにして冷蔵保存。

この春は2か月以上釣行がなかったが、冷凍保存していたオキアミは問題なく使えた。

また、残ったオキアミも持ち帰って再冷凍・再利用が出来る。

脱水が完全にされているので、常温になっても水分が出ないために身が崩れない。

水分がないために、黒変もしない。

だから、ちょっと手をかけても自分で自作するんだ。


餌持ちも、普通のオキアミよりはいい。

海中に入っても、ただの解凍オキアミは水が抜けてべちょべちょになるが、ハード加工したオキアミはしばらくは糖分に守られて形が残る。


何も難しくない。

必要なのはボールと同じぐらいの大きさのざる。

そして、みりん(本物はかなり高いので、”風”でいい。1Lが100円台のもの)に砂糖(1kg200円もしない)。


テクニックは何もいらない。

唯一気を付けることは、常温解凍で時間をかけすぎて黒変することぐらい。

タイマーでもしかければいい。
(冷蔵庫の解凍は、氷の塊なので、半日以上かかるので待ってられない)


これなら、釣行回数によるが1~2か月に一度やればいい。

釣行が多い人は、1/8ブロックでやってもいい。


気になった方は一度試しても価値があるだろう。

また、一度試せば、その後も試してみたいと思うだろう。

なんせ、1/8ブロックからなら普通の挿しエサパックが20パックは出来るだろうか。


ちなみに、安く付けエサが出来るので、釣り座で餌をケチろうなんて思ったことはない。

1/8ブロックのオキアミが600円程度に砂糖・みりん合わせても、1回分は100円ちょっとでてきる。

残念にも釣果が上がらず残ったなら、再度使えるので、便利だ。


準備万端。

旬のうりぼうをまた狙いいくか。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村