外房でシマアジ・ヒラメ釣りのじぇみないブログ

穏やかで明るい毎日となれば日々是好日。外房中心に内房や川釣りを楽しむ。夏はシマアジやショゴ、冬はヒラメやアジ釣り。気長に読んでいただけると嬉しいです。

あじ釣行記

ウリボウはまだか? 

 ここ数回はイサキが釣れると嬉しい。

アジとは一回り大きく、刺身にすると引きが楽しい。

一方でアジはツ抜けどころではない、片手も難しい。

これでは、なめろうも作れん。


それにしても、これからの天気予報は雨マークが多い。

気温も上がって、蒸し暑い中の釣りはやっておられん。

なんせ、この雨は南からの湿った空気が降らせる雨だ。

雨量も多いし、湿度は高い。おまけに波が高い。

この雨が通り過ぎると、夏の暑い日差しがやってくる。

そうすると、日中の釣りはお手上げだ。

あのジリ熱の中で、釣りをしたら、丸一日はへばってしまう。


いつものように、我が家を出発して釣り座へ向かう。

田舎道を抜けると蛙の声がうるさい。


ちなみに、台風の影響だろうが、南風が断続的に吹いたので海水温が急上昇だ。

つい数日前まではまだ、水色があったのに、外房はほぼ緑色で21~22℃。

kaisui20190628

野母崎のすぐ沖合は既に全面オレンジ色。

これだけ海水温が上昇すれば、カンパチやらショゴが接岸してくる。

日が昇ってからも、暑さに負けなければ狙えるだろう。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

遠投と水深 

 釣りをすると、何かと遠投したくなる。

単純に遠くに投げればいいという問題ではないだろうが、ショアの近くは水深が浅く、魚の警戒心も強い。


海面近くを回遊する魚もいるだろう。

だが、魚の天敵が鳥である以上、海面近くを好き好んで住みかとする魚はいないだろう。

魚の背中が黒っぽいのは、フィッシュイーターよりも鳥を意識している。
(深海の魚の背中の色に特徴があるとは思えない。)

ルアーフィッシングで大切なのは”フォール”出会って、魚は上から落ちてくる餌を捕食する。

根魚やスズキなどは下唇の方が上唇より前に出ている。


 釣りの仕方でもまずは底を意識する。

エギングもジギングも着底を確認してからアクションを始める。

船からの釣り方でも、表層をホッパー等で狙うこともあるが、ほとんどは底を取る。

それだけ、魚は底にいることが多い。


同じ底なら、水深が深いほうがやはり魚影が濃い。

水深が深いところとなると、ショアからは遠投が必要となる。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

ウリボウを求めて 


 週末にとんでもなく天気が荒れた。

局所的に雨がたくさん降ったし、風が特に強かった。

風が極端に強い日はベランダのよしずを一旦片付ける必要があるが、今回は迷った。


季節の変わり目だろう。

梅雨から初夏への切り替え時期に日本海側からの冷気と太平洋側の暖気がぶつかったのだろうか。

理由は何でもいいが、とにかくあれば。


釣り物によるが、世に釣れない理由はいくつかある。

大雨や台風後の濁り潮は特にきつい。

1日ではなかなか濁りがおさまらず、警戒感が高いのか、海に生命感を感じない。


風がおさまって天気がいいなら、釣りに行きたくなるが、こういう時は絶対に釣れない。

何をやっても釣れない。

そもそも、海底や沖に魚が出ているんだろう、船釣りでもない限り餌が残る。


とはいえ、ここのところイサキが釣れている。

かすかな期待に掛けて、出かけた。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

梅雨入り 


 ここ数日は気温が低く、夜が寒い。

日が落ちて、網戸を開けたままにしているとかなり気温が下がる。

雨が降ると潮が濁る。

水潮になると、魚の食い気が下がるという。

大きく雨が降った後の釣行は気を付けたほうがいいかもしれない。

せっかくの釣行、釣れないのに竿を出してもしょうがない。


 外房の海水温がやっと上がってきた。

kaikyou

濃い水色がかなり北上し、20度の境界が勝浦まで上がってきた。

20度と聞くと、ちょっとワクワクする。

シマアジが接岸しそうだ。

そうなると日が昇ってからも釣果に期待が出来る。

まあ、気温が急激に上昇するために、真夏の釣りはつらいが。


いつものように、釣り場につくと先行者がいる。

いつもより早く釣り座に向かったが残念。

現場に着くと、先行者は1人ではない・・・

いつもの特等席に入れない。

これは厳しそうだ・・・



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

初夏の釣り 


 今年は春の釣りは前回の5月釣行の1度だけだった。

アジが数匹ともはや、釣り場に向かう気持ちがなくなるほどの釣果だったが、1週間も経つとうずうずしてくる。

やっぱり、ウキがスパッと消えるあの瞬間と、グングンと震えるあの引きにアドレナリンが出る。


 それにしても、釣れないのはつまらない。

かといって、夜釣りにややこしい仕掛けはトラブルの原因。

同じことをしても結果は見えているので、何か出来ることはないか・・・!?

と思って、1つだけトライしてみることにした。



誘いである。


これまでは仕掛けを投入してから潮に流して数分・・・

2~3分も経てばエサはなくなる。

これで釣れないなら、10~15秒ごとに竿を軽く立てて誘いを入れてみよう。


深夜に到着するように、計画してハンドルを握る。

窓を開けっぱなしにすると、外気はまだまだ寒い。

日付をまたぐあたりになると気温も下がるが、湿度も上がる。

こうなると少し肌寒さがぐっと増す。


いつもの経路に新しい道が出来た。

旧道は両側に民家が迫り、道もくねくねしてどうにも危なっかしいが、

そこに信号が全くないショートカットが開通した。

距離委すると2~3kmだが、もう旧道はもう通れない。


そうこうするうちに駐車場に到着。

赤い電気ウキが見える。どうやら先行者がいるらしい。


ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

これは買いだ! 


 おいしい魚は高い。

スーパーの鮮魚売り場には必ず”さくら”の目玉商品が鎮座する。

優勝力士が持ち上げるような60cmほどの真鯛が4000円近くの値札で売っていた。

買いたいとは思うが、値段はさておき、この大きさだと一日では食べきらない。

数日後には切り身になって”加熱用”で陳列されているのを、私は知っている。


DSC_1265

これは買いだ。

悩むものではいけない。

我が子は魚卵も白子も大好きだ。

200g以上の白子はなかなか食べることはない。

我が家の白子の最高の料理方法は天ぷらだ。

湯通しして、臭味を取ってから、衣をつけてあげる。

強めの塩と胡椒を聞かせて食べる。

うまい、うまい、うまい。


っが、このサイズは全部食べるためには他の料理に浮気しないと一気には食べられない。

やはり、フグと真鯛の白子は最上級だ。


ところで、3月に一度釣りに行って以降、2か月以上釣りに行っていない。

「ドライブトレーン」警告が出てイグニッションコイルを交換した。

1個交換して、すぐに再警告。

結局、全部交換した。

そんなこんなで2度車を整備に出したりすると遠出する気が失せた。


真夜中から朝まづめまでの時間でみると、満潮からの下げ潮で潮が動かない潮見表。

例年のこの時期は一番釣果が下がる。

でも、久しぶりに行きたくなったので、急いで準備して家を出た。


ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

年初来 風強し


 昨年12月は年末釣行も機会がなく、年が明けてもなかなか釣り場に向かわなかった。

年末にかけて、相当に釣果が乏しかったのでおっくうだった。

それに加えて、気温が下がり、風が強い日が多い。

朝まづめ狙いのため、寒いのは我慢するが、風が強いのはつらい。

風が強いと糸ふけが出て仕掛けが絡む。

海水に濡れると寒さが増す。

南風が吹くと暖かくなるが、北からの寒気にぶつかるとすぐに雨になる。

そんなこんなで、前回の釣行から天気予報を見つめ続けること2か月ほど経った。


ネットを見ると、年が明けて少し釣果がある記事も見られる。

釣りはやっぱり釣れてなんぼ。

たまに行く釣りなら、ぼーっと気分転換でもいいが、趣味の釣りこそたくさん釣りたい。

今回は南からの微風の朝まづめでいつもの場所だ。



ランキングに参加中。面白かったらクリックをお願いします!

海釣りランキング
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
続きを読む

↑このページのトップヘ